Blog

2019/09/01 00:16

フィギュアスケートの選手のケア、治療はいつもしているのですが、今回は大会当日の治療、コンディショニング、アップを行い、試合会場ではSPの演技を見守りました。

 治療は、痛みをまず消す。選手は痛みを抱えて演技をしている訳で、その痛みはフィギュアスケートだとジャンプの成功率に関わります。
試合当日なので、私が得意とする体外衝撃波治療(SHOCK MASTER)による疼痛除去を行いました。
出力は最低の1.0 スピードは11-12  回数は痛みがなくなるまで。おおよそ一部位400−600SHOCK
その後、軽く超音波。あとは、関節の動きを丁寧に出す事。
制限しなければならない動きはテーピング。

その後、コンディショニングトレーニング。
今回は、ムーブメントとアクティベーショントレーニング
フィギュアスケートの特徴的なスケーティングと、ジャンプがしっかりと出来る様に!

全身を使ったエクササイズを約10分程度

軽く汗ばむ程度で終了。

現場では、いつも通りジョグや縄跳びなどのアップ。コンセントレーションを高めながら集中して練習に臨んでいます。

リンクでは公式練習と演技前のグループ(6ー7人)による5min練習が行われます。

いざ演技。

どの選手も集中して入りますが、緊張は伝わって来ます。

やはり、場慣れしている選手は貫禄があります。

明日はフリー。ノーミスで演技が出来ますように。

Blogトップへ
Copyright © マジサポ(本気で頑張る選手の方へ). All Rights Reserved.